悪夢とも言える血栓は予防が可能|突然やってくる病をブロック

ウーマン

生活に取り入れよう

飲料

青汁は、目的に応じて飲み方を変える事をオススメします。野菜不足を解消としたいからと言って、一度にたくさんの量を飲むことは避けるようにしましょう。体質に応じて摂取量を調整するとともに、毎日継続することが大切です。

読んでみよう

心筋梗塞を防ぐため

栄養補助食品

血液の塊による詰まり

心筋梗塞で死亡する人は、年々増えています。1970年代と比較すると約2倍にも増加しているため、昨今では多くの人が、心筋梗塞を予防するために健康食品を利用しています。心筋梗塞の原因は、血栓によって冠動脈が詰まることにあります。血栓とは血液の塊のことで、これが冠動脈で詰まると、血液は心臓に流れ込まなくなります。血液は、内臓の働きに必要となるエネルギーを運んでいるので、血液が流れ込まなくなることで、心臓の働きは悪くなります。その結果、心筋梗塞となってしまうわけです。しかし血栓は、健康食品によって予防することができます。また、既に血栓ができている場合にも、健康食品によって小さくしていくことができるのです。そして血栓による詰まりが生じなくなれば、心筋梗塞は予防されるでしょう。突然やってくる病をブロックしましょう。

ナットウキナーゼとEPA

血栓や心筋梗塞の予防には、具体的にはナットウキナーゼのサプリメントが利用されています。血栓は、血液中のたんぱく質によって作られるのですが、ナットウキナーゼを摂取すると、そのたんぱく質が分解されやすくなります。そのため血液は固まりにくくなりますし、既に固まった血液は溶けていくのです。また、EPAのサプリメントもよく飲まれています。血液は、血小板が集まることでも固まりやすくなります。怪我による出血は徐々におさまっていきますが、それは血小板によって血液が固まるからなのです。そしてEPAを摂取すると、この血小板が集まりにくくなります。その結果、やはり血栓の予防効果や改善効果が出てくるわけです。現在では、このナットウキナーゼとEPAの両方が配合されたサプリメントも販売されています。これを飲むことで、より効率良く心筋梗塞を予防できるようになります。

視覚機能改善に効果的です

くだもの

ブルーベリーの効能で代表的なものは、「目に良い」というものです。アントシアニンという成分に視覚の機能改善効果があります。βカロチンやルテイン、ビタミンAなどを一緒に摂取することで、より効果が高まります。サプリメントにはそれらの成分が一緒に含まれているものもあるので、効果的に摂取するのに最適です。

読んでみよう

肌荒れのときにはいいです

サプリメント

インフルエンザに感染し、大量の白ニキビができて悩んでいました。プラセンタドリンクが肌の再生を促すというインターネット記事を読んで、わらにもすがる思いでドラッグストアで購入して、飲んで寝ました。3日後には肌の表面もなめらかになったし、何よりもあまり目立たなくなりました。

読んでみよう